2006年12月27日

Fコードの省略コードとミュート。

前回、ちょっとだけお話しましたけど
今、教室で使ってるテキストの一部分を掲載します本

■まずは基本のFコード

F〓[〓.jpg

Fコードの難しいところは、人差し指で3本の弦をおさえ
なおかつ、間を空けておさえてることだと思うのですが、、、違いますたらーっ(汗)
(私はまだFコードは出てきていないので、なんとも)

■これが、省略コード

F〓[〓_ψ??〓[〓.jpg

で、省略コードは、3本までいかないけど、
2本は押さえなくてはいけないんですふらふら
Cに1本増えた感じですね。

指を寝かせる!立てる!を手際よくやらないと難しいですね。

最近は、自分の癖というのがだいぶわかってきましたひらめき
どうやら薬指がおろそかになるようです。
押さえが足らないんですね。

どうやって判断するかというと、左手でコードをおさえたまま
ジャーンって鳴らすんじゃなくて、弦を一本一本弾いていくんです。
押さえが弱いと、「ボン」と短くて響かない音になります。

実は、今まで私はミュートをしてませんでした失恋
ですからCコードでも、1弦から6弦まで思いっきり弾いてました。
(それなりに不協和音ですどんっ(衝撃)
ミュートというのは、Xで表現されていて、Cだと6弦は弾かないんです。
先生に、最初はミュートを気にしなくていいよと言われて今に至ります。
ある程度、コードがおさえられるようになってから
ミュートを覚えたほうが、途中で嫌にならずにすむと思います(笑
コレは先生の教え方が、私に合ってたんですね揺れるハート

ミュートって親指で6弦をギューっと押さえなきゃいけないと思ってましたが
実は、添える程度でいいんですね。弾いてみるなら「ボン」という程度。

といっても、最近ミュートを意識し始めたばかりなので
まだこれからですけどね。

つくづく、練習あるのみなんだなぁ。→banner_03.gif




posted by 若葉 at 13:17| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 練習日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

ボクラノLove Story★愛用ギター

最初に新曲を披露したとき、徹平ちゃんのギターを見て
「あれ?いつものJ-45じゃないんだー目」なんて思ったんですけど
やはり、新しいギターぴかぴか(新しい)だったようです。

teppei_newguitar.jpg

写真はミュージックステーション出演時
首を切るなんて申し訳ないッス。

徹平ちゃんの新ギターは(たぶん)コレ。

00031_pic1.jpg

メーカー:Gibson
型番:J-45 Rosewood
価格:\340,000(\357,000 w/tax)


ていうか、色違い?(笑

Gibsonサイトからのお言葉。
J-45を愛するギタリストへ向けて発表されたローズウッド・サイド&バックモデル。
フィンガーボードとブリッジにエボニーを採用し、ゴールド・ペグを搭載するなど、
J-45としての個性を残しつつも諸所にアップグレードが行われています。


そうね、徹平ちゃんはJ-45を愛してるんですもんね。
確かに新しいギターの方が、白い服には合うもんね。
個人的には前のギターの方が、色は好きですけど

で、前のギターはコレです。

teppei_j45.jpg
※5センチのPVより(また首切ったよ、俺)

いつか持ちたいお揃いのギター♪→banner_03.gif



posted by 若葉 at 15:48| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 愛するWaTネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森永アロエヨーグルトにて使用ギター♪

アロエヨーグルトのキャンペーンは終わってしまいましたが
あの徹平ちゃん愛用のギター、メーカーがわかりましたよ。
※本人がJUNONで話してました☆

060926gt20060926091_.jpg

写真は公式サイトから引用です。

メーカー:K.Country
型番:Lek-28hrs
定価:\294,000


色違いで赤もありまーす♪
詳しいページはこちら

お取り扱いしてるギターショップさんは
神戸にあるLeadManさんだけのようです。

スタッフさんがものすごーく探し回ったというギターで
徹平ちゃんもお気に入りとのことです。
どこかでまた弾いてくれないかなぁ。
楽譜、ないかなぁ(笑

わかーるわかるよ、君のキモチ♪→banner_03.gif




posted by 若葉 at 15:22| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 愛するWaTネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

ついに来たよ、Fコード。(序章)

沢山のコードを覚えてきましたが…なぜかテキストに出てこないコード。
それはFコードです。なので私は今までFコードを押さえたことありません。
誰もが、ギターを始めて、挫折する最初の壁といわれるFコード失恋
それはなぜか?

だって、人差し指で全部押さえるなんて無理じゃん!!バッド(下向き矢印)

ということですよふらふら
私なんて、小指と薬指でさえも、いっぱいいっぱいなのに

でもいきなりFコードに出会ってしまいました。
とある12月のレッスンにて

先生「若葉サン、今日はクリスマスクリスマスらしい曲弾いてみない?」
若葉「ああ、いいですねぇ」

先生から楽譜を手渡される。それは…ジングルベルひらめき

若葉「おぉ、クリスマスソングじゃないですか」
先生「コード確認してみてよ。3つくらいしかないから」

若葉「Cとー」(ジャーン)

若葉「Dとー」(ジャーン)

若葉「…F」 (しーん←弾いたことないからね)

3つしかないのに、弾いたことないF入ってるし!!

若葉「先生、F!F!」←うろたえるがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
先生「あー、若葉サン初めてだったね。最初は省略コードでいきましょう」

省略コード?(・_・)

どうやらそんなにいっぱい押さえなくてもよいFコードがあるらしい。
よくわかんないけど(先生教えてくれなかったもん)

でも、それでも人差し指で2本の弦を押さえなきゃいかんちっ(怒った顔)

若葉「よっ!はっ!」←気合で押さえてる
それっぽい音が出てるんだけど、微妙…たらーっ(汗)
なんだかサンタが来なさそうなジングルベルになってしまいましたが(汗
とりあえずFをさらりと終わりましたダッシュ(走り出すさま)

省略コードじゃダメよね?爆弾
きっといつか人差し指で全部押さえなきゃなんないのよね?バッド(下向き矢印)
…それまでにもう一本指が生えないかなぁぴかぴか(新しい)と願う若葉なのでした。

生えません(きっぱり)→banner_03.gif




posted by 若葉 at 16:34| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若葉のピックコレクション★2006年冬

なんか、パリコレみたいですが…。

まずギターを購入したお店でサービスで頂いたのが以下2枚。
カタチも固さもわからずに選んでしまいましたけど。

060726_0237~01.jpg060726_0237~02.jpg

教室に通い始めて
とりあえず最初のピックは「柔らかい薄めのものがいいよ」
と言われてたんで、YUIが映画「タイヨウのうた」で使用してた
Fenderの白にしました。とても使いやすかったです。
そのとき、憧れのGibsonの黒も購入。以下2点


060714_1000~01.jpg060714_0959~01.jpg

でも練習を一生懸命やっていくとですね…
ピックの色が剥げてきます。orz
文字が消えてなくなってしまいました。うわーん。

ストロークの練習を始めるようになると、今までの柔らかいやつだと
しなるようになってきたです。ある程度固さが必要になってきたので
今は、GibsonのH(ハード)のおにぎり形を使用してます。
(写真なくてごめんなさい)

たまたま時間つぶしに立ち寄った楽器屋さんで
オシャレなマーブル柄を発見。Takamineというブランドです。
なんかしまうまの色違いみたいですが…
思わず衝動買いしちゃいました。てへ。

061206_1029~01.jpg

私のお気に入りは、大きめでやや固めのようです。
HEAVYほどではない、HARDがお好みです。
ちなみにラルクのライブ限定ピック!なんてのもありましたが
思いっきりエレキ用でしたので、刺さらず。

ピックって100円前後だから、また気に入ったら買ってしまいそう。
でも、使うのはずっと同じやつなんですよ。
剥げてきたりしたら変えるって感じかな。

カワイイのあったら教えてください♪!→banner_03.gif



posted by 若葉 at 15:49| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 楽器屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。