2007年02月19日

いよいよ、Fコード。

カポのおかげで、Fコードから逃れられたと思ってました。
思い込んでましたちっ(怒った顔)

甘かったッスもうやだ〜(悲しい顔)

カントリーロードの間奏の部分。
先生とのやりとり。
「はい、じゃカポを2フレットにつけたら、何になりますか〜?」
という感じでコードを直していくるんるん

先生「はい。じゃGは?」
若葉「…。」←わかってる
先生「Gは?」
若葉「です」

先生「出てきちゃいましたね」

気持ちを察してくれたのか、ニヤニヤ顔の先生ぴかぴか(新しい)
うぅ。わかりましたよ、やりますってば。

とりあえず省略コードで練習。
人差し指で1弦と2弦を押さえる。

先生「んー。違うね」

押さえきれてません。
でも1弦なんて、もうほとんど指の腹の部分じゃないですか。

ちっくょう。でも負けないぞ。
Fは絶対に弾けるようになるんだ!

この壁は越えてみせる。→banner_03.gif



posted by 若葉 at 14:06| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | ギター教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
F出て来ましたか〜;;私は若葉さんにが教えて下さった、省略コードで何とかやってますけど、あれはあれで、なかなか難しいです;;でも強敵Fと比べると簡単なコード…そう言い聞かせながら頑張ってます。
最近学校から帰るとギターバッカリ触ってます。ずっと弾いてると指が疲れてきます;;一休み代わりに寝転んだら…そのまま寝てしまいました;;
早く徹平君みたいに上手くなりたいです☆ミ
Posted by アヤ at 2007年02月19日 18:24
こんにちは。アマチュア・ギターおやじです。
ギター歴は長いけどまだまだ下手です。
さて、
バレーコードは握力の弱い、指のやわらかい女の子でも、ちゃんときれいな音を出せる人がたくさんいます。ということは、力の強さではなくて、指の使い方のコツをつかめばイケルということでしょう。

@まず、人さし指の腹の正面を弦に当てるんじゃなくて、指を当てる角度を中指側に少し傾けて当ててみてはどうでしょう?
Aもう一つ、親指が重要。押さえている後ろの親指の第一関節の辺りにぎゅっと力を入れてネックに押し付け、カポタストで挟んだように当ててみましょう。
Posted by コマっち at 2007年02月21日 00:28
アヤちゃん>
だいぶアヤちゃん上達したんじゃない?
でもたしかに指は疲れるよねぇ(涙
ライブとかやる人たち尊敬するー!

コマっちさん>
確かに、手の大きい小さいは関係ないと思います!
と思いたいです。
教えていただいたやり方、参考にしてみますね。
ありがとうございます。
Posted by 若葉 at 2007年02月28日 14:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34112845

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。